【2021年12月現在】田舎のコロナワクチンの対応

スポンサーリンク
新型コロナ関連
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

接種する人が少なくなったので集約している模様

地域によって接種状況は違いますが、

ある程度実施が進んでいるので、接種会場は集約されているみたいです。

田舎の接種状況

山武市の場合

新型コロナウイルスワクチン接種について | 山武市公式ホームページ

※出典 山武市

1回目の接種が完了した人が多いので、

集団接種の予約会場は閉鎖され、実質市内の一か所で接種となっています。

一か所でやっているので、中々希望日に接種する事は難しいようです。

市内では2回目が終わった人の割合が、だいたい8割超えているみたいです。

東金市の場合

ページが見つかりません | 東金市

※出典 東金市

東金市は個別接種をしている医療機関へ直接予約をする流れです。

1回目の接種が完了している人が多いので、集団接種は終了しています。

3回目の接種に向けて

追加接種(3回目接種)についてのお知らせ
新型コロナワクチンの「追加接種(3回目接種)についてのお知らせ」について掲載しています。

※出典 厚生労働省

 

3回目の接種は2回目の接種から8か月後にすることが対象です。

田舎ではだいたい10~11月に2回目の接種が完了している所が多いので、

来年の6~7月くらいに3回目の接種の案内が届きそうです。

ただし、オミクロン株の流行もあるので、

ブレイクスルー感染を防ぐために、もしかしたら3回目の接種は早まる可能性がありそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました