肥料袋できゅうりを栽培してみる!2020年編

家庭菜園・肥料袋栽培
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

きゅうりは毎年いっぱい収穫しています!

昔から家族みんな大好きなのがきゅうりです。

晩御飯前に準備したら、晩御飯前にみんなでつまんで食べちゃう位、

それほど家族みんな大好物です。

※かっぱかよ!というくらい食べています。

 

肥料袋できゅうり栽培!

きゅうりとは?

キュウリ - Wikipedia

※出典 ウィキペディア

 

なんと平安時代から食べられていたきゅうり。

でも黄色く熟すまでおいてから食べていたそうだと。

それだと瓜みたいですね!

※よく収穫が遅れた黄色いきゅうりを、「おばけきゅうり」と言っていました。

 

皆さんご存知、中身の95%以上が水分という野菜ですが、

シャッキリとした歯ごたえも好きです!

苗の準備

ホームセンターでも苗がいっぱい販売されるようになりました。

病害に強いと言われる品種もそろっていますね。

今年管理人は種から栽培してみました。

本葉が2枚くらい出てきたので、植替えを兼ねて肥料袋に植え付けます。

肥料袋の準備

なすと一緒ですが、14Lの肥料袋を使用しました。

袋の上部を開けて、

水抜けの穴を数カ所開けて、

軽くトントンと土をならしたら、袋のあまりを丸めます。

そこに苗を植え付けて完成です。

植えたあとはたっぷり水を上げます。

キュウリネット

我が家は毎年きゅうりを育てているので、

もうキュウリネットが常備してあります。

ホームセンターなどでもキュウリネットが安く販売しているので、

そちらを購入するのも良いでしょう。

 

つるが伸びてきたら、子つるをとったりする必要が出てきます。

徐々にまた更新していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました