九十九里の郷土料理!見た目も鮮やかな太巻き祭り寿司

名産・イベント情報
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

九十九里地方のお弁当の定番です

巻き寿司自体は全国的にありますが、

九十九里地方では郷土料理として親しまれています。

 

太巻き祭り寿司はどんなものか?

巻き寿司とは?

海苔巻きなどでネタをのせて巻いたものです。

お寿司屋さんだけでなく、コンビニでもよく見かけますね。

ネタがあれば何でも巻けます。

管理人は納豆巻きが大好物です。

 

太巻き寿司とは?

基本的には具が一杯巻いてある巻き寿司です。

直径は5㎝くらいで、具材は玉子やかんぴょうに、

キュウリなど、おhな具材を使用します。

こちらも全国的に広く食べられていますね。

九十九里地方でも、スーパーのお弁当でよく出されます。

 

では、太巻き祭り寿司とは?

九十九里地方を中心に、

千葉県内に広く広まっている太巻き寿司です。

太巻き寿司の切った断面が、

様々な柄になる様に作られます。

柄も、家紋や花だったりが定番ですが、

最近はアンパンマンやパンダなど、子供向けの絵柄も作成されます。

その為、大きさが10㎝を超える事もあります。

 

どんな場所で太巻き祭り寿司は出される?

太巻き祭り寿司はどの様な場所で出されるでしょうか?

 

・冠婚葬祭

冠婚葬祭で出される食事に、

太巻き祭り寿司が良く出されます。

見栄えが良いので、食事の飾りとしても出されます。

 

・運動会

運動会の食事の場所でも出されます。

各家庭のオリジナルの太巻き祭り寿司が出されます。

 

・スーパーのお惣菜

お惣菜コーナーに普通に売っています。

お弁当で、半分おそばで半分太巻き祭り寿司の組み合わせもあります。

 

田舎の料理100選

太巻き祭り寿司は、九十九里地方の代表的な田舎料理です。

・ふるさとおにぎり百選

 

・農山漁村の郷土料理百選

 

太巻き祭り寿司の作り方

千葉県各地で講習会が開かれています。

興味があったら、是非作ってみて下さい。

絵柄を自由に何でも作成出来るのが、

太巻き祭り寿司の楽しみでもあります。

 

太巻き祭り寿司はイベント等でよく出されます。

道の駅でも売られていることあるので、

九十九里地方に来た際は是非買ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました