ミニトマトのわき芽をとります!

家庭菜園・肥料袋栽培
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

順調に育ってきています

気温も順調に上がってきて、

植物の生育も良くなってきました。

この時期ミニトマトを育てていると必須の作業が発生してきます。

ミニトマトのわき芽をとります

植えてからだいぶ大きくなりました

肥料袋でミニトマトを栽培してみる!2020年編
中玉よりミニトマトのほうが簡単です。 ミニトマトも簡単に育てられると言われている野菜です。 サラダの定番で、我が家は収穫したらそのまま食べています。 小学校の夏休みの宿題で栽培することもありますね! 肥料袋で...

 

4月に植えてから一ヶ月

ミニトマトもだいぶ大きくなりました。

わき芽をとります

そうなるミニトマトにこんなものが生えてきます

そう、わき芽です。

わき芽を放置すると、どんどん大きくなり、

実がついた際に栄養不足で大きくなりません。

また管理も大変となるので、早めにわき芽は摘み取ります。

 

わき芽を手でつまんで、根本からおる感じで摘み取ります。

簡単にとれますよ。

こんな感じですっきりしました!

 

わき芽を取る時の注意

わき芽を取る時の注意はこんな感じです。

・ハサミなどは極力使用しない

・雨の日や雨が降る前は行わない

 

これはどちらも病原菌対策です。

摘みとったところから病原菌が入らないよに、

ハサミ等は使用せず、天気の良い日に行います。

 

このわき芽取りを続けていったら、いよいよ収穫も近くなってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました