国道にお店がいっぱい!ロードサイド店舗とは?

生活情報
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

国道にお店がいっぱい!!

九十九里地方の動脈、国道126号線。

旧道の分岐付近から、高速千葉東金道路の東金IC位まで、

道路側に色々な店舗が集結しています。

ロードサイド店舗という出店形態ですね。

 

ロードサイド店舗とは?

利便性に優れた幹線道路沿いに、

各種店舗が出店している状態を指します。

一般的に車を使用した来客の為、

駐車場を広く確保しています。

 

そして、国道126号線沿いは、

典型的なロードサイド店舗の形態となっています。

 

どんなお店が出ている?

国道126号線沿いにあるお店には、いくつか特徴があります。

 

ラーメン屋さんが多い

非常に色々な種類のラーメン屋さんが出店していて、

ラーメン激戦地となっています。

 

ファミレス、焼き肉屋が多い

こちらも特徴の一つで、

様々なファミレスに焼き肉屋がひしめきあっています。

外食産業の激戦地ですね。

あと、回転ずしも多い印象があります。

 

自動車のディーラー、中古車ショップが多い

国内各種のディーラーや、ベンツなどの外車のディーラーをはじめ、

中古車ショップもたくさんあり、

タイヤ専門店なども多数あります。

車で来る人が多いので、必然的にターゲットとなっています。

また、ガソリンスタンドも多数ありますね。

 

 

この他にも多数お店がありますが、

外食関連や自動車関連が特に多い印象があります。

小さい頃は、よくファミレスを利用していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました