新型コロナを受けて、田舎では何か変わった?

スポンサーリンク
生活情報
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

少しずつ日常が戻ってきています

新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が千葉県でも解除され、

少しずつ日常が戻ってきました。

緊急事態宣言の前と後で、田舎の生活は何か変化あったのでしょうか?

ビフォアーコロナ、アフターコロナ

非常事態宣言中の田舎の様子

新型コロナウイルス、田舎の外出自粛はどうなっていたか!
結局いつものとかわらないような気が・・・ 新型コロナウイルスの感染が拡大しています。 緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出自粛が要請されています。 結局いつものと変わらない週末・・・ 緊急事態宣言発令 ※出典...

 

自粛中もパチンコ屋は元気に活動、名前出されても営業している所が多かったです。

3密を避けるために、ビニールで仕切られたレジはどこも標準装備。

田舎の病院はコロナに気をつけつつ、通常営業でした。

 

非常事態宣言後はどうなっている?

・仕事関係

農業関係

2020年田植え終わりました!!
きっと農作業は密接環境ではないはず・・・ 世間は新型コロナウイルスのため、社会活動が縮小していますが、 作物は関係なく生育していきます。 ということで、2020年田植えが完了しました! 2020年田植...

農家は関係なく仕事しています。

人間の活動が制限されても、植物の成長は関係無いですからね。

ただ、観光農園は大きなダメージを受け、

特にいちご狩りは非常事態宣言解除時は、もうシーズンオフとなってしまいました。

 

・テレワーク

幸いにして管理人が働いている職場は、テレワークでもある程度業務が行えました。

しかしながら田舎でテレワークが出来た所はほんの一部でした。

その原因はネット環境が整っていない事。

もともと紙文化が強い田舎の生活なので、急にデジタル化には切り替えられません。

クラウドってなに?状態です。

また、残念な事にITスキルがあるとも言えないので、

都会とIT人材の所でかなりの差が出ています。

また、電気屋さん行っても、ヘッドセットが常に売り切れで、設備面でも見劣りしています。

IT化の速度は、都会とどんどんおおきく開いていきそうです。

設備面でも人材面でも両方共です。

 

・買い物

コープやアマゾンでの買い物が増えました。

宅配のトラックもたくさん見かけています。

しかしながらこれはネット環境が使える人のみ。

年配の多い田舎ではそんなことは出来ず、結局いつもどおりの買い物です。

そこで問題になるのがソーシャルディスタンス。

年配の方は理解出来ていないのかな・・・って事が多々ありました。

一番多いのが、間隔あけていたら割り込むこと。

このトラブルは結構ありました。

ソーシャルディスタンスが田舎に浸透するのにはもう少し時間かかりそうです。

なお、結構マスクはしている人は多いです。

マスクが大量に出回ってきているのもあるかと思います。

 

そして、相変わらずのテイクアウトが出来る場所が大混雑であること。

テイクアウト出来るお店もだいぶ増えてきていますが、

車文化である田舎なので、ドライブスルー方式の所は特に大混雑。

当面はこの状態は続きそうです。

 

・家での過ごし方

田舎なので公園もありません。

庭がある所は庭で遊ぶ子供も多く見られました。

どこにも行けない場合は、家でDVD。

アマゾンプライムではなくレンタルDVDです。

レンタル屋さんは結構人多く見られました。

カラオケ店などは、営業再開までもう少し時間かかりそうです。

また、個人商店形態の居酒屋なども、客足が戻るまで時間かかりそうです。

 

 

とにかく一気に人混みも大きくなりました。

車の数も一気に増え、買い物客も増えています。

暫くマスクは必須、3密を避ける、ソーシャルディスタンスを守るが必須なのですが、

田舎は一気にそんなの気にしなくなりそうです。

また、都会で出来て田舎では出来ない事が顕在化した気がします。

特にIT環境と人材の不足が気になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました