2020年、お米の出来具合は?

米つくり
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こういう変動の激しい天気は勘弁

2020年もお米の収穫が終わりました。

今年は例年になく天気の変動が激しい年でした。

2020年のお米の出来具合は?

とにかく長い梅雨

2020年梅雨が長かったので、稲の病気が心配です
今年も梅雨明けが遅かった… 7月も末になってきているのに、 梅雨が明ける気配がしません… 2019年も梅雨明けが遅かったですが、 それ以上に遅くなりそうな気配がします。 病気対策が本格化してきました すでに穂...

2020年はとにかく梅雨が長かったです。

一番大切な稲の受粉時期も雨が降っていたので、

収穫量に影響でないか心配していました。

また、長梅雨による記録的な日照不足の影響で、

稲の成長に影響でないかも心配していました。

梅雨が明けたら、高温続き

2020年お盆、稲刈りまであと半月
何とか病害虫被害は出ていません 2020年も長梅雨でしたが、 8月に入りようやく梅雨明けになりました。 梅雨明け後は晴れの日が続いていますが、 稲の生育状況はどうでしょうか。 2020年夏の稲の生育状況は? ...

梅雨明け後、今度は高温となる日が続きました。

あまり高温が続くと、栄養を蓄えられない高温障害が出てきます。

また、熱帯夜が続くとここでも稲の栄養が使用されるため、

品質の良いお米がとれるか心配となります。

 

2020年、稲刈り結果

2020年も、8月末から9月頭にかけて、

稲刈りを行いました。

今年のお米の出来はこんな感じです。

・収穫量 例年並みからちょっと少なめ

・品質 並

・食味 並

 

感じとしては収穫量がちょっと少なめでした。

これは明らかに長雨の影響です。

その後の日照時間回復で、品質とかは普通でした。

天候ばっかりはどうしようもないですね…

 

2020年の稲刈りも無事終了しました。

来年は天候安定して、量もとれるといいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました