千葉県は落花生県!田舎の落花生の食べ方

農家生活情報
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

千葉県は落花生の収穫日本一!

この時期は色々な野菜が収穫されますが、

千葉県で有名なのが落花生。

収穫量は全国一です!

特に八街市で収穫が多いですね。

 

千葉の名産、落花生

落花生とは?

マメ科の植物で、実は豆そのものです。

読んで字のごとく、地面に花が付いて地中に実がなります。

地中に実がなるので、豆が殻に覆われています。

 

千葉県で何故収穫が多い?

千葉県は全国の落花生の収穫のだいたい78%を占めています。

色々なブランド品種が出来ています。

気候が落花生の生育に良いのもあるかもしれませんが、

一番の理由は土にあるでしょう。

一番収穫が多い八街市付近は、

関東ローム層という火山灰の土壌があります。

地質が柔らかいので水田には向きませんが、

畑作には向いている地層です。

収穫しやすい土壌なので、落花生栽培に向いているのでしょう。

 

落花生の食べ方(一般)

通常は殻ごと揚げたりして、硬い物が主流となります。

後はバターピーナッツにしたりとありますね。

柿の種に入っているピーナッツを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 

落花生の食べ方(田舎風)

では、こちらの地域ではどの様に食べるのでしょうか?

 

・生の落花生を殻付きのまま茹でて食べる

茹でると殻も外しやすくなるので、

簡単に食べられます。

枝豆みたいな食感ですが、

もう少しイモに近い味がします。

これが枝豆みたいに、TV見ながらだと、

あっという間に無くなっちゃいます。

生の落花生をこの時期一杯貰うので、

収穫後直ぐに出来る、田舎ならではの食べ方です。

 

 

千葉独自の落花生の食べ方に、

味噌ピーや甘納豆もありますが、

簡単に出来る茹でるだけが、管理人は一番好きな食べ方です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました