苗を買う時の注意!GWまでまつ?

家庭菜園・肥料袋栽培
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

まだ霜注意報が出る時があるので注意です

4月に入りホームセンターなどで苗が販売されてきています。

定番の種類やその年新しく出るものもあったりしますので、この時期は毎年楽しみです!

しかしながら、この時期の家庭菜園は注意も必要です。

 

4月はまだ寒い時もあります

気温の変動が大きいのが4月の特徴

4月に入って半月位経ちますが、

春は三寒四温といわれる位とにかく気温の変動が大きいです。

そのため、日中は暖かくても夜は冷え込む事もあります。

※先日、千葉の成田では0度まで下がりました

 

野菜の品種によっては寒さに弱いものもあるため、

4月は避けた方が良い物があります。

ちょっと寒さに弱い品種

ネットで、「苗 寒さ」で検索すると、たくさんの種類が出てくるので、

興味がありましたら検索してみてください。

この時期販売されている代表的なもので、

寒さに弱い野菜は以下のものがあります。

 

・ナス

・オクラ

・ピーマン

・とうがらし

・かぼちゃ

・とまと

などなど、南方から来た作物が当てはまりそうですね。

 

この辺の品種は霜が出るようなうちは、野外での栽培などは避けたほうが良いです。

霜で一発でやられた事もありました…

 

寒さ対策は?

これらの品種を寒いうちで育てる場合、

・寒冷紗を使う

寒冷紗 - Wikipedia

※出典 ウィキペディア

・わらを敷き詰める

・ビニールマルチをする

 

などの対策があります。

しかしながら霜をすべて防ぐわけでわなく万全ではありません。

 

GW位に買うのがベター

これらの品種の苗を買う場合、

GWくらいになってある程度気温が安定してから買ったほうがベターとも言えましょう。

防寒のために色々買う必要もなく、

暖かくなっているので生育も旺盛です。

失敗を最小限にするためには、GWくらいに苗を買うことをお勧めします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました