田舎でMVNOを使ってみる! 変更する前の注意その1

IT関連など
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

MVNOに変更する際の注意!

田舎でMVNOを使ってみる! 使えるかどうか検証
キャリアの携帯代金高すぎ! 長年キャリアのプランを使用していましたが、 余りにも高い&縛りがあるので、MVNOに変えてみました。 田舎でMVNOに変更する際の注意などを纏めました。 MVNOって何? そもそもMVN...

別キャリアにMNPする際も共通となりますが、

事前の準備が大切となりますので、しっかりと行いましょう。

 

自分の携帯の使用状況を把握する

これを行うと、自分の携帯の適切な使用量がわかるので、

例え自社を使い続けるにしろ、料金体系の見直しに繋がります。

 

通話料を把握する

自分が使用している通話料を把握します。

Lineやその他アプリで通話している場合は、除外となります。

ここで重要なのは、以下のポイントとなります。

 

・1か月の積算通話時間

・1回あたりの通話時間

 

何故このポイントが重要かというと、

MVNOに限らず、最近の携帯の通話プランは、以下の事が多いです。

 

・1か月〇〇時間は無料

・1回〇分は無料

 

その為、自分がどのパターンに合わせる必要があるか、

事前に把握しましょう。

勿論Line通話に変更するなど、費用を抑える方法もあります。

 

通信量を把握する

自分が使用している通信量を把握しておきます。

出来れば数か月分を平均しましょう。

今は携帯のアプリで簡単に使用量が把握出来ます。

MVNOの通信プランは、以下の注意点があります。

 

・規定の使用量を使い切ると、極端に通信が遅くなる場合がある

 

勿論増量プランもあるので、一概には言えませんが、

少なくても使用量を超えない様なプランを結ぶようにしましょう。

また、自宅のwi-fi環境を整える事も重要になります。

さらにMVNOによっては、意図的に通信回線を使用する場合は、

制限モードに変更出来る事もあるので、

あまり使わないときは、そういうのを使用すると通信量が抑えられます。

 

キャリアメールの送受信先を把握する

MNPを行うと、それまで使用していたキャリアメールが使用できなくなります。

Gmailなどフリーメールを使用していた人は特に問題ありません。

逆にキャリアメールを頻繁に使用していた人は、

Gmailなどの移行が発生し、周知が必要になってきます。

 

インストールしてあるアプリを精査する

アプリの数だけ、通信量も増えます。

沢山インストールしていると、その分通信量が増えてきます。

不必要なアプリは、削除した方が良いでしょう。

 

各種サービスやアプリのpassを把握する

端末を移行する場合など、初回ログインなどで情報を求められる事があります。

また、移行後にログインが出来なくなると、初回手続きから変更となるのもあります。

特に以下のサービスは注意となります。

 

・appleID…iPhoneの初回設置アップ時に必要

・Googleアカウント…androidの初回セットアップに必要

⇒この2つは端末移行で非常に重要なので、忘れないようにしましょう。

最悪携帯が使えない恐れあります。

 

・LINE…認証と共にトークの移行手続きをしないと、今までのトークが全部消えます。

・FacebookやInstagram…アカウントの設定を確認しましょう。

⇒よく使用するアプリは事前に設定をしておき、移行してもすぐ使える様にしましょう。

 

 

端末を交換する場合も、事前準備が必要となります。

ここで紹介したのは、あくまでも事前準備の一例ですので、

自分が行うMNPのパターンに合わせて準備を行いましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました