田舎でMVNOを使ってみる! 実際に変更してみた!

IT関連など
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

実際にMVNOに変更してみました!

田舎でMVNOを使ってみる! 使えるかどうか検証
キャリアの携帯代金高すぎ! 長年キャリアのプランを使用していましたが、 余りにも高い&縛りがあるので、MVNOに変えてみました。 田舎でMVNOに変更する際の注意などを纏めました。 MVNOって何? そもそもMVN...
田舎でMVNOを使ってみる! 変更する前の注意その2
実際に変更する前に行う注意点! これを怠ると、MNP先で一部機能しか使えない場合があります。 事前準備をしっかりして、漏れがないようにしましょう。 管理人が実際に行った手順(同じ携帯を使用)...

事前準備が完了したので、いよいよMVNOに変更をかけます!

 

管理人が実際に行ったMVNOへの変更手順

変更した舞台は…

変更の舞台は地元の大型ショッピングセンター、メガドン・キホーテです


管理人はauを使っていたので、auショップがあるメガドン・キホーテを利用しました。

また、このメガドン・キホーテにはUQを扱っている店舗もあるので、

移動がめんどくさくなくて良いです。

 

MVNO取り扱い店舗で、手続きの確認

先にMVNO取り扱い店舗で、必要な情報を集めます。

変更したいMVNOに対応しているかと、

即日SIM発行出来ない場合があるからです。

管理人が確認した所は、即日SIM発行可能でした。

必要なのは、MNP番号と新しいSIM料金でした。

 

auの店舗でMNPの申請をする

メガドン・キホーテ内のauショップでMNPの申請を行いました。

お盆前で朝早く行ったので、空いていて待ち時間なしでした。

MNP自体は手続きはあっという間に完了しました。

特にMNPする理由も聞かれませんでした。

なお、電話で自分でMNPの取得が出来ますが、

時間がかかる上に、店舗はMNP番号を印刷してくれるので、

出来れば店舗で手続きをした方が良いでしょう。

なお、MNP番号は有効期限があるので、早めに手続きを行った方が良いです。

 

MVNO取り扱いのショップで変更手続き

MNP番号が取得出来たら、MVNO取り扱いショップに行きます。

管理人は今回はUQに変更をかけました。

取得したMNP変更番号と申込書を記載します。

その際に、料金プランも一緒に記載します。

また連絡先として、事前に取得したフリーメールを登録します。

問題なければ、30分もあれば新しいSIMが使える様になります。

変更完了まで、しばし待ち時間となります。

管理人は一度退店し、お盆の買い物をしてきました。

注意として、この間通話は出来ません。

wi-fi環境でしたらネットが使えるので、アプリは使用出来ます。

 

端末のSIM交換作業

30分経ってSIMが有効になったタイミングで、再度店舗に行きます。

店員さんに携帯を渡して、SIMを交換してもらいます。

管理人はiPhoneをそのまま使用しました。

ここでSIMを入れかけて起動をかけると、appleIDの入力が求められます。

事前に確認したappleIDを入力しましょう。

 

新しいプロファイルのインストール

ネット接続できる環境で、新しいUQ版のプロファイルをインストールしましょう。

出来ればwi-fi環境で行ってください。

「UQ iPhone プロファイル」検索を行うと、

すぐにインストールページに飛びます。

 

完了!

これで大体の手続きは完了しました。

幾つかアプリを起動して、動作確認をしておきます。

 

変更後の感想

変更後暫く使ってみましたが、

キャリアメールが使えなくなっただけで、その他は全然前と変わらないですね。

アプリもきちんと動作をしています。

全く問題ないです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました