九十九里名産!なめろうってなに?

名産・イベント情報
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

千葉県沿岸部の名産です!

九十九里地域でご飯どころに行くと、

多くの所にあるのが、なめろうです。

九十九里地方から房州の方まで、幅広く食べられています。

「千葉 なめろう」で検索をかけると、本当にたくさんのお店がヒットしますよ!

 

管理人も知り合いの店では必ずたのみます

なめろうとは?

なめろう - Wikipedia

※出典 ウィキペディア

主にあじやさんまなどの青魚を、みそやショウガににんにくにネギなどと併せて、

粘り気が出るまで、包丁でたたきます。

魚はすり身みたいにつぶさず、ある程度食感は残します。

そのまま食べてもおいしいし、

九十九里地方は酢をかけて食べます。

酢は腐敗防止と、さっぱり感をだしたりします。

青唐辛子が入ったり味噌の味が濃かったりするので、

醤油などはほとんどかけません。

※しょっぱくなるので、お勧めしません

 

このなめろうを、鉄板や網、アワビなどの貝などで焼いたのが、

サンガ焼きと言われるものです。

さんが焼き…千葉県:農林水産省

※出典 農林水産省

 

農林水産省のページでも、千葉の郷土料理として扱われていますが、

管理人の感覚では、大東灯台より南側で多い気がします。

勝浦などではサンガ焼きは定番ですね。

九十九里地方よりも山がちな地域なので、

※海岸近くまで山が切り立っている場所があります

持ち運びが出来る様に、なめろうに火を通したものを使用したのでしょう。

 

九十九里地方のなめろう

九十九里地方で食べられるなめろうですが、いくつか特徴があります。

それが、使っている青魚がアジが多い事です。

あじのたたきとしてなめろうを出している所もあります。

実際に管理人が良く行くお店も、さかなはアジをつかっています。

 

また、なめろうに碁盤目状に包丁の切れ目を入れる所が多いです。

他の場所では板状に出すところも多いですが、

切れ目を入れるのが九十九里地方の特徴です。

 

なめろうのバリエーション

なめろうのバリエーションもいくつかあります。

一つはサンガ焼きです。

これはなめろうを焼いたものです。

前記しましたが、勝浦や鴨川に館山で多い気がします。

 

もう一つがなめろう丼です。

元は九十九里地方でB級グルメを出す大会で出され、

それが九十九里にひろまりました。

今では検索をすると数多くのレシピも出てきます。

 

 

なめろうは出すお店も多いので、

九十九里地方に来たらぜひ食べてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました