実は変えてます!農業と家庭菜園実施時の服装について

農家生活情報
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

田んぼやるときはどろんこも覚悟しています

世の中色々な自粛が進んでいますが、

そんな世の中関係なく、植物は育っています。

今回は農業と家庭菜園行う際の服装について簡単にかいてみます。

 

ザ、農家スタイル!

農業の場合

本格的に農業やるときは、色々準備を行ってから作業を行う様にしています。

 

・ぼうし

普通のぼうしもしくは麦わら帽子をかぶります。

外での作業で日差しから頭部を守る効果と、

急な雨天時に雨を一時的にしのげるようにしています。

 

・長袖長ズボン

これは夏でも必須です。

怪我防止や日焼け、虫よけなど色々な事に対応します。

ワークマンなどで最新素材を使用したものが安く購入できます。

管理人はつなぎをつかっています。

 

・長靴

田植えを行う際は専用の長靴。

それ以外は少し厚手の長靴を使用します。

場面に合わせて最適な物を使い分けています。

 

・手袋

ビニール素材のぴっちりしたのもから、

軍手に近いものなどを使い分けて使用します。

薬剤などを使用する事が多いので、手が荒れないように注意します。

 

家庭菜園の場合

家庭菜園の場合は、もう少しラフな格好で作業します。

共通するのは、汚れてもいい格好をすることです。

 

・ぼうし

帽子は農作業と同じく必須です。

外の作業になるので熱中症予防などもあります。

 

・ジャージ

家庭菜園を行う際は汚れもいい服装でいることが多いです。

基本ジャージを使用します。

 

・汚れてもいい靴

家庭菜園をしても結構汚れます。

長靴まで行かなくても、汚れてもいい靴を使用します。

 

農作業する場合は、結構きっちりした服装で行う事が多いですが、

家庭菜園する際は、ラフな格好も多いです。

場面によって使い分けています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました