2020年梅雨が長かったので、稲の病気が心配です

米つくり
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今年も梅雨明けが遅かった…

7月も末になってきているのに、

梅雨が明ける気配がしません…

2019年も梅雨明けが遅かったですが、

それ以上に遅くなりそうな気配がします。

病気対策が本格化してきました

すでに穂は出ています

8月2日現在で、だいぶ穂は出ています。

この時点でようやく梅雨が明けた状態でした。

あと一週間梅雨明けが遅れたら、病気&害虫の餌食になります。

 

第一の脅威、いもち病

いもち病 - Wikipedia

※出典 ウィキペディア

 

カビの一種であるいねいもちカビの感染をキーに発症します。

イネいもち病菌 - Wikipedia

※出典 ウィキペディア

 

カビから発症するので、長雨の様な状況ですと発症確率があがります。

ですので、長梅雨&低温が続くと発症確率が高くなります。

いもち病にかかると十分な登熟(実が熟して成熟する事)が出来ない為、

収穫量がガクンと落ち、実がだめになるので食味もガクンと落ちます。

昔からコメ農家では、特に気を付けないといけない病気です。

 

対策としてはいくつかあります。

1.薬をまく

穂が出てきたあたりで、薬をまくことが多いです。

顆粒状の薬をまきますので、

最近はドローンを使用していたりして、

出来るだけ負担にならないように工夫したりしています。

 

2.草刈り

畔際の草刈りをして、風通しを良くすることも大事です。

稲を乾かすことが重要です。

草刈りもなかなか重労働なので、

軽減する方法が模索されています。

 

あとは、窒素分の多い肥料を使用していたりなど、

色々な原因もありますが、とにかく長梅雨が一番の致命傷です。

そして品種によってはいもち病の耐性もかわり、

みんな大好きコシヒカリが、特にいもち病に弱いです。

管理人も作っているのはコシヒカリなので、

2年連続の長梅雨で肝を冷やしました。

 

第二の脅威、カメムシ

カメムシ - Wikipedia

※出典 ウィキペディア

 

とにかく悪臭を放つこいつですが、

農作物にとっても特に被害の大きい害虫です。

茎などに針みたいな口を差し込み、養分を吸ってしまうので、

生育不調になります。

若い稲穂を吸われてしまうと、茶色くなり、生育不足になります。

主に殺虫剤を使用した対策をしますが、

時期がいもち病と一緒なので、効能がセットになったものが使用されます。

 

実は2020年の冬が暖冬だったため、カメムシの数が激増しています。

暖冬の影響でふ化する確率が高くなりました。

西日本では被害が出ているとのことなので、

東日本に広まるか非常に心配です。

 

長梅雨が明けようやく日差しが出てきました。

病虫害被害がなく稲刈りできることを切に願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました