肥料袋でナスを栽培してみる!2020年編

家庭菜園・肥料袋栽培
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今年もナス栽培にチャレンジ!

週末農家の管理人は、出来るだけ楽していろいろ栽培したいと思っています。

出来るだけ負担をかけずに収穫出来るかチャレンジしてみます。

今回はナスを植え付けしてみました。

 

肥料袋でナスを栽培してみる!パート2

前回は秋ナスでチャレンジしました

肥料袋で秋ナス栽培してみる!
そろそろ秋野菜準備する季節です 当サイト何故か一番人気の肥料袋でサツマイモ栽培。 順当に育ってきていますが、今回は秋ナスを肥料袋で栽培をします。 ナスとは? ※出典 ウィキペディア 色々な種...

基本ほったらかしのナス栽培でしたが、

なんとか収穫までこぎつけていきました。

今回は夏ナスにチャレンジします。

 

その1.苗を購入

苗は70円で購入。

よく初心者にも優しい苗とか売っていますが、

心配な方はその苗も購入しても良いですね。

ナスは色々な種類あるので、苗購入時に選ぶのも楽しいです!

管理人はベーシックな種類にしました。

 

出来るだけ勢いがあり、葉が大きい物を選びましょう。

肥料袋用意

今回はこの培養土を使用しました。

サイズは14Lにしていますが、苗1つでしたら十分です!

先ず肥料袋の上を開封します。

排水用の穴を数カ所開けます。

袋を軽くとんとんとし、土をならしたら、

袋の上をまくります。

そこに苗を植えて完成です!

※写真撮り忘れたので、後日撮影…

水やりと肥料は忘れずに

ナスは水と肥料で育つ植物です。

特に土の乾燥に注意しましょう。

また、肥料を好む植物です。

元肥が入っているとはいえ、植えてから2週間後を目安に追肥しましょう。

 

 

これから少しずつ情報をアップしていきます。

美味しいナスがたくさん取れる事を期待します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました