【2021年】ラニーニャ現象発動、例年にない寒さが続いています

スポンサーリンク
自然環境など
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

九十九里地方で‐5℃は中々聞いたことないです

数年ぶりに厳冬になる予想していましたが、

ここまで寒い冬になるとは思いませんでした。

これからが寒さのピークなので、体調管理は要注意です。

予想以上の厳冬

ラニーニャ現象発動中

【2020年冬】厳冬の12月、冬タイヤに履き替え
ラニーニャ現象の影響か… 数年ぶりに寒い冬となりそうな2020年冬、 関越道の雪での立ち往生とかもありますが、 2020年冬は寒い冬の可能性ありますね。 2020年冬シーズン到来 ラニーニャ現象発動 ...
気象庁 | エルニーニョ/ラニーニャ現象とは
気象庁が提供するエルニーニョ/ラニーニャ現象に関する情報を掲載しています。

※出典 気象庁

 

以前にも書きましたが、

2021年はラニーニャ現象のため、厳冬が予想されました。

予想通りというべきが、それ以上に寒さが増しています。

ラニーニャ現象が発動すると、偏西風の蛇行により、

特に西日本から北陸にかけて、寒気の流れ込みが続きます。

その為、例年以上の積雪が続き、降雪による障害も起きています。

雪害では、どのような災害が起こるのか | 首相官邸ホームページ
日本では、国土の半分以上が豪雪地帯に指定されており、約2,000万人もの人々が豪雪地帯で生活を営んでいます。雪害には、地域住民だけでなく、冬山登山やスキー、観光などで豪雪地帯を訪れる多くの人々が被害に遭っています。

※出典 首相官邸HP

 

九十九里平野も寒さが続いています。

本日2021年1月10日の横芝光町のアメダス、

最低気温が氷点下6度と、今までの記憶にない寒さでした。

天気予報で氷点下6度の予想出ていて、

「さすがにないだろう」と思っていたら、

まさかの本当になりました。

自動車は凍結し、いろいろな物が凍結していました。

普段氷点下になる事すら少ないのに、

連日氷点下の気温が続くと、今年の寒さが一層際立ちます。

 

過去には氷点下8度も記録していますが、

寒さが本格化するのはこれからなので、

記録塗り替える可能性もありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました